about

ロシアで開発され、ロシアで製造されたヨーグルト種菌の通信販売です。

ビオケフィール・ヨーグルト種菌は、ロシアにてケフィールをコンセプトに健康維持と栄養補給を目的に開発された、新しい生菌の組み合わせです。乳酸菌4種類と、プロピオン酸菌による酵母を使わない共生発酵を実現。ガス発生を伴わずに炭化水素を発酵し、数種類の酸を生成します。 酵母がないことで、ヨーグルトの風味が変わりにくく、美味しさを保ちます。

本製品で作る発酵乳は、強い酸味やにおいがある伝統的なケフィールより、ライトテイストですっきりした味わいですが、ロシアでは若い人々を中心に好まれているようです。